金子眼鏡のオリジナリティがなくなることはありません。
私たちのアイウェアに対する思いが決してなくならないように。
金子眼鏡のオリジナリティを体現するのは、アイウェアに他なりません。たとえばアイウェアのファッショントレンドを牽引するブランドコレクションや、 伝統産業である眼鏡文化・技術を継承し発展を志す職人コレクション。これらのアイウェアを見れば、私たちの思いが強く込められていることをわかっていただけるはずです。そこに息づく姿勢こそがオリジナリティの源泉。そしてクラフトマンシップの真意なのです。